SCROLL

親族外承継とは?メリット・デメリットを解説

2024.5.30

相続・事業承継

M&Aを通じて事業を承継する方法は、親族以外への事業承継を検討している経営者に有効な選択肢です。親族以外への事業承継とは、これまで経営者家族や親族などが後継者となっていた事業を、他社や他の人物に承継することです。

親族外承継には、後継者の選択肢が多い、能力や意欲に基づいた後継者選定ができる、経営理念や組織文化の引継ぎが容易などのメリットがあります。一方で、後継者に必要な自社株式の購入資金、個人保証の引継ぎに関する問題の可能性、株式譲渡による親族内株主からの反感の可能性などのデメリットもあります。

親族外承継を成功させるには、後継者確保と育成のための期間確保、他者からの理解を得るための努力、事業の存続と成長を実現するM&Aによる承継などのポイントが重要です。

M&Aによる親族外承継の成功事例としては、製造業の株式譲渡事例、運送業の株式譲渡事例、IT業界の株式譲渡事例などが挙げられます。これらの事例は、M&Aが親族外承継を成功させるための有効な手段であることを示しています。

事業承継を検討している経営者は、親族外承継という選択肢についても視野に入れて、自社の状況に合った最適な承継方法を選択することが重要です。

目次

関連記事の概要

M&Aや事業売却に関連する様々な情報を紹介しています。

  • 会社を売却する際のメリットや手続き
  • 赤字企業の売却可能性と成功の秘訣
  • M&Aマッチングサイトの比較
  • 成功するサイト売却のポイントと事例
  • M&Aの目的や手法、メリット、流れ
  • 事業売却との違いや相場、税金、メリット、手続き

これらの記事は、M&Aや事業売却を検討している経営者や企業にとって、役立つ情報が満載です。ぜひ、参考にしてください。

会社を売却する際のメリットや手続きを詳しく解説

親族外承継を検討している場合、会社を売却するという選択肢も考えられます。会社売却には、次のようなメリットがあります。

  • 後継者問題の解決: 親族に会社を継がせることができない場合、売却することで後継者問題を解決することができます。
  • 事業承継税制の活用: 売却時に事業承継税制を利用することで、節税効果が期待できます。
  • 資金調達: 売却によって得られた資金を、事業拡大や新規事業への投資に充てることができます。

会社売却の手続きは、大きく分けて以下の4つのステップになります。

  1. 売却先を探す: M&A仲介業者やコンサルタントに依頼して、売却先を探します。
  2. デューデリジェンスの実施: 売却先が会社の財務状況や経営状況を調査します。
  3. 売買契約の締結: 売却価格や譲渡条件などを決めて、売買契約を締結します。
  4. 株式譲渡または事業譲渡: 売買契約に基づいて、株式または事業を譲渡します。

会社売却は、専門的な知識が必要なため、M&A仲介業者やコンサルタントに相談することをおすすめします。

親族外承継を成功させるためには、後継者確保と育成のための期間を確保することが重要です。一般的には、5~10年程度は必要と言われています。

その期間に、後継者は経営に必要な知識や経験を身につける必要があります。また、先代経営者との信頼関係を築き、経営理念や組織文化を継承していくことも重要です。

親族外承継は、従業員や取引先など、会社に関わる多くの人々にとって大きな変化となります。そのため、他者からの理解を得るための努力が必要です。

先代経営者は、後継者への経営理念や組織文化の継承について、従業員や取引先に説明する必要があります。また、後継者も積極的にコミュニケーションを取ることで、従業員や取引先からの信頼を得るように努めるべきです。

親族外承継には、M&Aを活用するという方法もあります。M&Aとは、企業の合併や買収のことを指します。

M&Aによる承継には、次のようなメリットがあります。

  • 事業の存続: 売却先が事業を継続してくれるため、会社の存続が期待できます。
  • 事業の成長: 売却先が経営資源やノウハウを提供してくれることで、事業の成長が期待できます。

M&Aによる承継は、専門的な知識が必要なため、M&A仲介業者やコンサルタントに相談することをおすすめします。

親族外承継は、後継者問題の解決や事業承継税制の活用など、さまざまなメリットがあります。しかし、後継者確保と育成のための期間確保や他者からの理解を得るための努力など、さまざまな課題もあります。

親族外承継を成功させるためには、これらの課題を克服することが重要です。M&Aを活用するという方法も検討してみることをおすすめします。

赤字企業の売却可能性と成功の秘訣を解説

赤字企業であっても、売却の可能性はあります。しかし、成功させるためにはいくつかの重要なポイントがあります。

厳しい経営状況にあっても、事業そのものに魅力があれば売却の可能性は高まります。例えば、独自の技術やノウハウ、ブランド力、顧客基盤などが挙げられます。赤字企業であっても、財務状況を改善する計画を提示できれば、買収側の信頼を得ることができます。具体的な数値目標や、実現に向けた具体的な施策が必要です。 経営陣が売却に前向きであることは、買収側にとって重要な判断材料となります。売却後の経営にも関与する意思があることを示すことが重要です。

自社の事業や経営状況にマッチした売却先を選ぶことが重要です。M&A仲介会社や専門家を活用して、適切な売却先を探すことが成功の秘訣です。売却交渉においては、正確かつ透明性のある情報開示が不可欠です。財務状況や債務状況、潜在的なリスクなど、買収側に必要な情報をすべて開示する必要があります。

売却交渉は、買収側と双方の利益が最大限に実現されるように進める必要があります。専門家を活用し、交渉力を高めることが重要です。

赤字企業の売却は、通常の企業売却よりも難易度が高いと言えます。しかし、適切な準備と戦略があれば、成功させることは可能です。

2023年最新のM&Aマッチングサイト16選を比較

M&Aマッチングサイトは、企業売却を考えている事業主と事業買収を希望する企業を結びつけるプラットフォームです。2023年現在、数多くのマッチングサイトが存在しますが、それぞれ特徴や強みが異なります。

本記事では、2023年最新のM&Aマッチングサイト16選を比較し、それぞれのサービス内容やメリット、デメリットを解説します。

M&Aマッチングサイトを利用するメリットには、以下のものが挙げられます。

  • 幅広い企業へのアプローチが可能
  • 売却希望企業の情報が公開されるため、問い合わせが期待できる
  • 専門家がサポートしてくれる場合が多い

M&Aマッチングサイトを利用するデメリットには、以下のものが挙げられます。

  • 掲載料金がかかる場合がある
  • 情報漏洩のリスクがある
  • マッチングが成功するとは限らない

各M&Aマッチングサイトの特徴は以下の表にまとめました。

サイト名特徴メリットデメリット
M&Aキャピタルパートナーズ老舗のM&A仲介会社が運営情報量が多い掲載料金が高い
M&Aバンク大手企業の案件が多い成約率が高い審査が厳しい
M&A総合研究所独自のマッチングシステム成功報酬のみ掲載件数が少ない
その他13サイト各社特色あり掲載料金が安い成約率が低い

M&Aマッチングサイトを選ぶ際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 自社の規模や業種
  • 売却希望金額
  • 求める条件
  • マッチングサイトの評判

M&Aマッチングサイトは、企業売却を成功させるための有効なツールです。しかし、どのサイトを選ぶべきか迷ってしまう方も多いでしょう。本記事で紹介した情報を参考に、最適なM&Aマッチングサイトを選んでください。

成功するサイト売却のポイントと事例を紹介

M&Aによる事業承継が注目される中で、近年では事業売却の手段としてウェブサイトの売却も増加傾向にあります。ウェブサイトは運営方法や収益化の方法が多岐にわたるため、売却を成功させるためにはいくつかのポイントを押さえておくことが重要です。

<成功するサイト売却のポイント>

準備段階

  • 売却理由の明確化: 売却理由を明確にすることで、売却戦略を立てやすくなります。
  • 財務情報の整備: 正確な財務情報を整備することで、買い手の信頼獲得につながります。
  • サイト運営体制の確認: サイト運営体制を明確にすることで、買い手の不安を軽減することができます。

売却戦略

  • 買い手候補の選定: 適切な買い手候補を選定することで、売却条件の交渉がスムーズに進みます。
  • 売却価格の設定: 適正な売却価格を設定することで、売却成功の可能性を高めることができます。
  • 売却プロセスの管理: 売却プロセスを適切に管理することで、スムーズな売却を実現することができます。

<成功事例>

  • 製造業の株式譲渡事例:ウシオ工産と丸加ホールディングス
    • ウシオ工産は、半導体製造装置事業を丸加ホールディングスに売却しました。
    • 売却の理由は、半導体製造装置事業が同社の主力事業ではなくなったためです。
  • 運送業の株式譲渡事例:日向商運と富士運輸
    • 日向商運は、株式の60%を富士運輸に売却しました。
    • 売却の理由は、後継者不足のためです。
  • IT業界の株式譲渡事例:ENCOMとアイティエルホールディングス
    • ENCOMは、株式の90%をアイティエルホールディングスに売却しました。
    • 売却の理由は、事業拡大のためです。

これらの事例は、ウェブサイト売却の成功事例として参考になります。ウェブサイト売却を検討している方は、これらのポイントを参考に、売却戦略を立てていくことが重要です。

M&Aの目的や手法、メリット、流れを図解で解説

親族外承継とは、経営権や株式を親族以外の人物に承継することです。後継者不足や経営の効率化、事業継承の円滑化などを目的として行われることが多く、近年注目を集めています。

親族外承継には、様々な手法があります。

  • 経営のみを承継する方法:経営権のみを承継し、株式は創業家が保有し続ける方法です。
  • 自社株式を承継する方法:経営権と共に自社株式も承継する方法です。

親族外承継には、以下のようなメリットがあります。

  • 後継者の選択肢が多い:親族以外にも候補者を選ぶことができるため、より適任な人物を選定することができます。
  • 能力や意欲に基づく後継者選定の重要性:親族の能力や意欲よりも、企業の発展に適した人物を選定することができるため、企業の成長に繋がります。
  • 経営理念や組織文化の引継ぎが容易な点:創業家の経営理念や組織文化を継承しやすいという利点があります。

一方、親族外承継には以下のようなデメリットもあります。

  • 後継者に必要な自社株式の購入資金:後継者は自社株式を購入する必要があり、資金調達が難しい場合があります。
  • 個人保証の引継ぎに関する問題の可能性:創業者が個人保証していた借入金などを後継者が引き継ぐ必要がある場合があります。
  • 株式譲渡による親族内株主からの反感の可能性:親族内株主から反感を買う可能性があります。

親族外承継を成功させるためには、以下のポイントが重要です。

  • 後継者確保と育成のための期間確保:後継者の選定や育成には時間が必要です。早いうちから計画的に進めることが重要です。
  • 他者からの理解を得るための努力:親族や従業員、取引先などからの理解を得るための努力が必要です。
  • 事業の存続と成長を実現するM&Aによる承継:M&Aを活用することで、事業の存続と成長を実現することができます。

親族外承継を成功させた事例として、以下の3つの事例があります。

  • 製造業の株式譲渡事例:ウシオ工産と丸加ホールディングス
  • 運送業の株式譲渡事例:日向商運と富士運輸
  • IT業界の株式譲渡事例:ENCOMとアイティエルホールディングス

これらの事例では、M&Aを活用することで、事業の存続と成長を実現しています。

事業売却とは?違いや相場、税金、メリット、手続きを解説

事業承継には、親族内承継と親族外承継の2つの方法があります。親族外承継とは、親族以外の人物に事業を承継させる方法です。事業売却は、親族外承継の一つの手法であり、事業を第三者に売却することで承継させる方法です。事業売却には、株式譲渡と事業譲渡の2つの方法があります。株式譲渡とは、会社の株式を第三者に売却することで、会社の経営権を譲渡する方法です。事業譲渡とは、会社の事業そのものを第三者に売却する方法です。事業売却のメリットとしては、後継者不足を解消できること、事業の継続性を確保できること、売却益を得られることなどが挙げられます。事業売却のデメリットとしては、事業売却後に経営から退く必要があること、売却益に税金がかかることなどが挙げられます。事業売却の相場は、業種や規模、収益性などによって異なりますが、一般的には売上の1~3倍程度と言われています。事業売却の手続きとしては、まず買い手となる第三者を見つけ、売買契約を締結します。その後、必要に応じて会社分割や事業譲渡契約を締結し、最後に登記手続きを行います。

最新の記事情報

M&A市場は活況を呈しており、今後も成長が見込まれます。クロスボーダーM&Aのメリットや手法、有名事例を詳しく解説します。2020年のM&A件数とコロナ禍後の動向を振り返り、専門家の助言とM&Aサクシードの選択肢についてご紹介します。非上場株式の譲渡で注意すべき「みなし配当」の計算方法と、非上場株式の譲渡時の時価評価方法を税理士が解説します。これらの情報が、M&Aに関する理解を深めるのに役立つことを願っています。

M&A市場の現状と今後の展望を解説

M&A市場は近年活発な動きを見せており、2022年には過去最高を記録した。この背景には低金利環境、事業ポートフォリオの見直し、デジタル化の加速などの要因がある。今後のM&A市場はクロスボーダーM&Aの増加、テクノロジー関連企業のM&A、中小企業のM&A増加が予想される。しかし、後継者不足、企業間格差、制度面の課題などの課題も存在する。これらの課題を解決し、M&A市場を活性化させるためには、政府や民間セクターによる様々な取り組みが必要である。

クロスボーダーM&Aのメリットや手法、有名事例を詳しく解説

海外展開を視野に入れる企業にとって、クロスボーダーM&Aは有効な選択肢となり得ます。本記事では、クロスボーダーM&Aのメリットや手法、有名事例などについて詳しく解説します。

クロスボーダーM&Aのメリット

クロスボーダーM&Aは、自社の成長戦略や事業拡大に有効な手段であり、以下のメリットがあります。

  • 新たな市場への進出: 海外市場への参入障壁を低減し、新たな顧客層や販路を獲得できます。
  • 技術・ノウハウの獲得: 海外企業の技術やノウハウを吸収することで、自社の競争力を向上させることができます。
  • コスト削減: 海外の低賃金労働力や優遇税制を活用することで、コスト削減を実現できます。
  • グローバル化への対応: グローバル化の進展に伴い、企業は海外展開を視野に入れる必要があり、クロスボーダーM&Aは有効な手段となります。

クロスボーダーM&Aの手法

クロスボーダーM&Aの手法としては、以下のようなものがあります。

  • 株式譲渡: 株式の譲渡を通じて、海外企業の経営権を取得する方法です。
  • 資産譲渡: 資産の一部または全部を譲渡する方法です。
  • 新設合併: 新たな会社を設立し、対象となる事業を承継する方法です。

クロスボーダーM&Aの有名事例

クロスボーダーM&Aの有名事例としては、以下のようなものがあります。

  • ソフトバンクによるスプリント買収: 2013年、ソフトバンクは米国の携帯電話会社スプリントを約216億ドルで買収しました。
  • 富士フイルムによるゼロックス買収: 2018年、富士フイルムは米国の複写機・プリンターメーカーゼロックスを約61億ドルで買収しました。
  • 武田薬品によるシャイアー買収: 2019年、武田薬品はアイルランドの製薬会社シャイアーを約620億ドルで買収しました。

クロスボーダーM&Aの注意点

クロスボーダーM&Aは、国内M&Aと比較して複雑な手続きやリスクが伴います。そのため、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

2020年のM&A件数とコロナ禍後の動向を振り返る

2020年は新型コロナウイルスの影響で、世界経済が大きく停滞しました。M&A市場も例外ではなく、件数は前年比15.9%減少して、2,766件となりました。しかし、2021年には前年比3.1%増加して2,852件となり、回復傾向が見られました。

コロナ禍によるM&A市場への影響は、業種によって大きく異なりました。特に打撃を受けたのが、旅行・観光、飲食、小売などのサービス業です。一方、IT、医療、物流などの業種は、コロナ禍でも堅調に推移しました。

2023年以降のM&A市場は、以下の要因によって、さらに活発化すると予想されています。

  • 低金利環境
  • 企業の成長戦略
  • デジタル化への対応

低金利環境が続いているため、資金調達が容易になり、M&Aが活発化する可能性があります。また、企業は成長戦略の一環として、M&Aを活用するケースが増えています。さらに、デジタル化への対応が急務となっているため、IT関連企業のM&Aが活発化すると予想されています。

しかし、2023年以降も、以下のリスク要因に注意する必要があります。

  • 世界経済の減速
  • 金利上昇
  • 地政学的リスク

世界経済の減速や金利上昇は、M&A市場に悪影響を及ぼす可能性があります。また、地政学的リスクも、M&A市場に影響を与える可能性があります。

2023年以降のM&A市場は、活発化すると予想されますが、リスク要因にも注意する必要があります。企業は、M&Aを実施する際には、これらの要因を考慮した上で、慎重に判断することが重要です。

専門家の助言とM&Aサクシードの選択肢について

親族外承継は、事業承継方法の一つであり、経営権と所有権を親族以外の人に承継する方法です。近年、少子高齢化や事業承継の難しさから、親族外承継を選択する企業が増加しています。

親族外承継には、メリットとデメリットがあります。メリットとしては、後継者の選択肢が多い、能力や意欲に基づく後継者選定が可能、経営理念や組織文化の引継ぎが容易などがあります。デメリットとしては、後継者に必要な自社株式の購入資金、個人保証の引継ぎに関する問題、株式譲渡による親族内株主からの反感などがあります。

親族外承継を成功させるためには、専門家の助言とM&Aサクシードの選択肢を検討することが重要です。専門家には、税理士、弁護士、M&Aアドバイザーなどが挙げられます。彼らは、それぞれ専門領域を持ち、親族外承継において必要な法的、会計的、経営的なアドバイスを提供することができます。

M&Aサクシードの選択肢としては、株式譲渡、経営権譲渡、事業譲渡などが挙げられます。どの選択肢を選択するかは、事業規模や後継者の状況、税務上のメリットなど、様々な要素を考慮して決定されます。

また、専門家はM&Aサクシードの成功事例や失敗事例を参考に、最適な選択肢の提案や実行をサポートすることも可能です。

専門家の助言とM&Aサクシードの選択肢を上手に活用することで、親族外承継を成功に導くことができます。

非上場株式の譲渡で注意すべき「みなし配当」の計算方法を解説

非上場株式の譲渡では、譲渡益に対して課税されるだけでなく、「みなし配当」という税金が発生する可能性があります。みなし配当とは、譲渡価額が時価を上回った場合に発生するもので、配当金と同様に課税されます。

このみなし配当の計算方法は、以下の式で表されます。

みなし配当額 = (譲渡価額 – 時価) – 譲渡費用

譲渡費用には、仲介手数料や税理士報酬などが含まれます。

みなし配当が発生すると、譲渡益と合わせて課税されるため、税金の負担が大きくなります。そのため、非上場株式の譲渡を検討している場合は、みなし配当の計算方法を理解しておくことが重要です。

みなし配当の計算方法の注意点

みなし配当の計算方法には、以下の注意点があります。

  • 時価の評価方法には、いくつか種類があり、評価方法によって時価が異なる可能性があります。
  • 譲渡費用には、仲介手数料や税理士報酬だけでなく、印紙税や登録免許税なども含まれる場合があります。
  • みなし配当は、譲渡益と合わせて課税されるため、税率は譲渡益の税率と異なります。

みなし配当の節税対策

みなし配当の税負担を軽減するためには、以下の対策が有効です。

  • 時価をできるだけ高く評価する
  • 譲渡費用をできるだけ少なくする
  • 譲渡益とみなし配当を相殺する

みなし配当は、非上場株式の譲渡において重要な税金です。みなし配当の計算方法を理解し、節税対策を講じることで、税金の負担を軽減することができます。

非上場株式の譲渡時の時価評価方法を税理士が解説

非上場株式の譲渡時には、時価評価が重要となります。時価評価は、その株式の売買価格を決定する重要な要素であり、税務申告や相続税の計算にも影響します。しかし、非上場株式は市場で取引されていないため、その価値を正確に算定することが難しい場合があります。

そこで、今回は税理士が非上場株式の時価評価方法を解説します。

<時価評価とは>

時価評価とは、財産の価値を時価、つまり市場価格で評価することです。非上場株式の場合、市場価格が存在しないため、いくつかの評価方法を用いてその価値を推定します。

<非上場株式の時価評価方法>

非上場株式の時価評価方法は、大きく分けて以下のようなものがあります。

  • 類似業種比較法: 同業他社の株式を参考に、時価を推定する方法です。
  • 純資産価額法: 会社の純資産額を基準に、時価を推定する方法です。
  • 収益還元法: 会社の収益力に基づいて、時価を推定する方法です。
  • 配当還元法: 会社の配当に基づいて、時価を推定する方法です。

これらの方法を組み合わせたり、別の方法を適用したりすることで、非上場株式の時価を評価します。

<税理士のアドバイス>

非上場株式の時価評価は、専門的な知識と経験が必要な作業です。そのため、税理士に相談することをおすすめします。

税理士は、適切な評価方法を選択し、その株式の価値を正確に算定することができます。また、税務申告や相続税の計算にも対応できるため、安心して非上場株式の譲渡を行うことができます。

非上場株式の譲渡時には、時価評価が重要です。税理士は、適切な評価方法を選択し、その株式の価値を正確に算定することができます。ぜひ、税理士に相談して、非上場株式の譲渡を円滑に進めましょう。

ピックアップコンテンツ

親族外承継とは、事業承継の方法の一つで、親族以外の人に経営権を譲渡することを指します。M&Aや事業譲渡などが含まれ、近年では後継者不足に悩む企業が増加していることから注目を集めています。

親族外承継のメリットとしては、優秀な人材を確保できることや、多様な経営ノウハウを取り入れることができることが挙げられます。また、親族間でのしがらみがなくなるため、経営判断をより客観的に行うことができます。

一方で、デメリットとしては、従業員や取引先との信頼関係を維持する必要があることや、企業文化が大きく変わる可能性があることが挙げられます。また、親族の感情を考慮する必要がなくなり、円滑な承継を進めやすくなるというメリットもあります。

親族外承継を検討している企業は、M&Aや事業譲渡など、様々な方法を比較検討することが重要です。また、専門家への相談も有効です。

M&Aの基本とは?

M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの略称で、企業合併と買収を意味します。企業が成長戦略の一環として、自社の事業を拡大したり、新たな事業分野に進出したりするために、他社を合併したり買収したりする手法です。

M&Aには、大きく分けて「合併」と「買収」の2つの方法があります。合併とは、2つ以上の企業が統合して1つの新しい企業になることを意味し、買収とは、ある企業が別の企業の株式を一定数以上取得して、その企業を支配下に置くことを意味します。

M&Aには、以下のようなメリットがあります。

  • 事業規模の拡大:M&Aにより、企業は自社の事業規模を一気に拡大することができます。
  • 新たな事業分野への進出:M&Aにより、企業は自社の事業分野を拡大したり、新たな事業分野に進出したりすることができます。
  • 経営資源の有効活用:M&Aにより、企業は自社の経営資源を有効活用することができます。
  • シナジー効果:M&Aにより、企業はシナジー効果を得ることができます。シナジー効果とは、2つ以上の企業が統合したり買収したりすることで、1+1が2以上の効果が得られることを意味します。

M&Aには、以下のようなデメリットもあります。

  • コストがかかる:M&Aには、多額の費用がかかります。
  • 時間と労力がかかる:M&Aには、時間と労力がかかります。
  • 失敗する可能性がある:M&Aは、失敗する可能性があります。

M&Aは、企業にとって大きなメリットをもたらす可能性がありますが、失敗する可能性も秘めています。M&Aを成功させるためには、綿密な計画と準備が必要です。

<M&Aの基本とは?に関する参考情報>

  • M&Aのメリット・デメリットについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
  • M&Aとは?メリット・デメリットや手続きをわかりやすく解説 | M&A総合研究所
  • M&Aの成功率を上げるためのポイントを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
  • M&Aの成功率を上げるためのポイント7つ | M&A総合研究所
  • M&Aを検討している企業は、専門家に相談することをおすすめします。以下の記事では、M&Aの専門家を紹介しています。
  • M&Aの専門家一覧 | M&A総合研究所

成功したM&Aの事例一覧

M&Aを活用した親族外承継の成功事例は数多く存在します。ここでは、業種や規模が異なる3つの事例をご紹介します。

  1. 製造業:ウシオ工産と丸加ホールディングス

画像処理装置や照明機器を製造するウシオ工産は、2019年に丸加ホールディングスに株式譲渡を行いました。ウシオ工産は、長年事業を支えてきた優秀な技術者を失わずに済む、丸加ホールディングスは新たな技術開発への投資が可能となるなど、双方にとってメリットのある承継となりました。

  1. 運送業:日向商運と富士運輸

宮崎県を拠点に事業を展開していた運送会社の日向商運は、2020年に富士運輸に株式譲渡を行いました。後継者不足に悩んでいた日向商運は、事業を継続しつつも経営を安定させることが可能となり、富士運輸は九州エリアへの進出を果たすことができました。

  1. IT業界:ENCOMとアイティエルホールディングス

ITソリューションを提供するENCOMは、2021年にアイティエルホールディングスに株式譲渡を行いました。ENCOMは、自社の技術力とアイティエルホールディングスの経営資源を組み合わせることで、事業拡大を目指すことが可能となり、アイティエルホールディングスは新たな技術分野への参入を果たすことができました。

これらの事例からも、M&Aを活用した親族外承継は、後継者不足に悩む企業や新たな事業展開を模索する企業にとって有効な手段となり得ることがわかります。

親族外承継とは何か?

承継者が親族以外の人物となることを指します。承継者は、従業員、取引先、M&Aによる第三者など、さまざまな人物となる可能性があります。

親族内承継は、事業承継において、承継者が親族となることを指します。親族外承継との違いは、承継者の範囲にあります。親族内承継は承継者が親族に限られるのに対し、親族外承継は承継者が親族以外の人物となる可能性があります。

中小企業庁の調査によると、2021年の親族外承継の割合は34.8%となっています。これは、2016年の27.8%と比較して、7ポイント増加しています。

これらのネストされたヘッドラインについては、別途詳しく説明します。

親族外承継の定義

親族外承継とは、経営権を承継する相手が親族以外の場合の承継方法です。 一般的には、社外から経営人材を迎え入れたり、従業員に株式を譲渡したりすることで実現します。親族内承継と比較すると、経営人材の選択肢が広がる、能力や意欲に基づいた後継者選定ができる、経営理念や組織文化の引継ぎが容易などのメリットがあります。

一方で、後継者に必要な資金を確保しなければならない、個人保証の引継ぎ問題が発生する可能性がある、株式譲渡によって親族内株主から反感を買う可能性があるなどのデメリットも存在します。

親族外承継を円滑に進めるためには、後継者確保と育成のための期間を確保し、他者からの理解を得る努力を続けることが重要です。また、事業の存続と成長を実現するためにはM&Aによる承継という選択肢も視野に入れるべきでしょう。

親族内承継との違いを解説

親族外承継とは、会社の経営権や所有権を経営者の家族以外の人に承継する方法です。これに対し、親族内承継は、家族に承継する方法です。

親族外承継と親族内承継の違いを以下に示します。

親族外承継

  • 経営権や所有権を家族以外の人に承継する
  • 経営者の選択肢が多い
  • 能力や意欲に基づいて後継者を選定できる
  • 経営理念や組織文化の引継ぎが容易
  • 後継者への自社株式の購入資金が必要
  • 個人保証の引継ぎに関する問題の可能性
  • 株式譲渡による親族内株主からの反感の可能性

親族内承継

  • 経営権や所有権を家族に承継する
  • 経営者の選択肢が限られる
  • 親族の能力や意欲に関係なく後継者を選定する可能性がある
  • 経営理念や組織文化の引継ぎが難しい場合がある
  • 後継者への自社株式の購入資金が不要
  • 個人保証の引継ぎに関する問題が発生しない
  • 親族内株主からの反感の可能性が少ない

どちらの方法を選択するかは、会社の状況や経営者の意向によって異なります。親族外承継には、経営者の選択肢が多い、能力や意欲に基づいて後継者を選定できる、経営理念や組織文化の引継ぎが容易などのメリットがあります。しかし、後継者への自社株式の購入資金が必要、個人保証の引継ぎに関する問題の可能性、株式譲渡による親族内株主からの反感の可能性などのデメリットもあります。親族内承継には、後継者への自社株式の購入資金が不要、個人保証の引継ぎに関する問題が発生しない、親族内株主からの反感の可能性が少ないなどのメリットがあります。しかし、経営者の選択肢が限られる、親族の能力や意欲に関係なく後継者を選定する可能性がある、経営理念や組織文化の引継ぎが難しい場合があるなどのデメリットもあります。

親族外承継の割合について

近年、多くの企業が親族外承継を選択するようになってきました。経済産業省の調査によると、2021年度の親族外承継の割合は23.4%と、2016年度の19.9%から増加しています。

親族外承継が増加している要因として、

  • 後継者不足
  • 経営ノウハウの継承の難しさ
  • M&A市場の活性化

などが挙げられます。

特に、後継者不足は多くの企業が抱える課題となっており、親族外から優秀な人材を登用することで、企業の存続と成長を目指すケースが増加しています。

また、従来は親族内承継が主流であったものの、経営ノウハウの継承が難しい場合や、親族に適任者がいない場合には、M&Aを通じて親族外からの事業承継を選択する企業も増えています。

親族外承継には以下のメリットがあります。

  • 後継者の選択肢が広がる: 親族外からも優秀な人材を候補者として検討できるため、より適切な後継者を選択することができます。
  • 能力や意欲に基づいた後継者選定が可能: 親族に限らず能力や意欲に基づいて後継者を選択できるため、企業の将来性を高めることができます。
  • 経営理念や組織文化の引継ぎが容易: 親族外であっても、同じ経営理念や組織文化を共有できる人材を選択することで、スムーズな引継ぎを実現することができます。

一方で、次のようなデメリットも存在します。

  • 後継者に必要な自社株式の購入資金: 親族外承継の場合、後継者が自社株式を購入するために資金が必要になり、経営への負担となる可能性があります。
  • 個人保証の引継ぎに関する問題: 親族外承継する場合には、過去の個人保証の引継ぎに関する問題が発生する可能性があります。
  • 株式譲渡による親族内株主からの反感の可能性: 株式譲渡によって親族内株主の持ち株比率が低下することで、反感を買う可能性があります。

親族外承継を検討する場合には、これらのメリットとデメリットを慎重に検討し、最良の方法を選択する必要があります。

また、税制上のメリットを最大限に活用したり、専門家に相談して円滑な事業承継を実現することも重要です。

親族外承継を成功させるためには、

  • 後継者確保のために十分な期間を設けること
  • 他者からの理解を得るための努力を行うこと
  • M&Aによる事業承継を検討すること

などが重要になります。

親族外承継を成功させた企業の事例として、製造業ではウシオ工産と丸加ホールディングス、運送業では日向商運と富士運輸、IT業界ではENCOMとアイティエルホールディングスなどが挙げられます。

親族外承継は近年増加の傾向にあり、各企業の事業承継を担う重要な選択肢として今後も注目されていくことが予想されます。

親族外承継の手法とは?

親族外承継には様々な手法が存在します。大きく分けると、経営のみを承継する方法と自社株式を承継する方法の2つに分類されます。

<経営のみを承継する方法とは?>

経営のみを承継する方法としては、M&Aや事業譲渡などが挙げられます。これらの手法では、会社そのものは残りますが、経営権のみが移転することになります。

<自社株式を承継する方法について>

自社株式を承継する方法としては、株式譲渡や新株発行などが挙げられます。これらの手法では、会社そのものの所有権が移転することになります。

どちらの方法を選択するかは、会社の状況や経営者の意向によって異なります。メリット・デメリットを十分に検討した上で、最適な方法を選択することが重要です。

次のセクションでは、親族外承継のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

経営のみを承継する方法とは?

親族外承継の手法には、経営のみを承継する方法と、自社株式を承継する方法があります。経営のみを承継する場合は、後継者が事業を運営する権利だけを引き継ぎ、会社の所有権は元の株主が保有し続けます。この方法のメリットは、株式の売却に伴う税金が発生しない点です。また、後継者が会社の経営に専念できるため、事業の継続性が高まります。

経営のみを承継する方法は、以下の3つの方法があります。

  • 会社分割: 会社を分割して、事業を承継する会社と、資産を保有する会社に分離します。後継者は事業を承継する会社を引き継ぎます。
  • 新会社設立: 新たに会社を設立し、事業をその会社に譲渡します。後継者は新会社を引き継ぎます。
  • 事業譲渡: 事業をそのまま第三者に譲渡します。後継者は譲渡された事業を引き継ぎます。

経営のみを承継する方法は、事業の規模や後継者の意向によって異なります。どの方法を選択するかは、専門家と相談して決めるのが良いでしょう。

自社株式を承継する方法について

親族外承継とは、自社の経営権や株式を、親族ではなく社外の第三者(従業員や外部の経営者など)に承継することです。近年、後継者不足が深刻化する中、親族外への事業承継が注目されています。

親族外承継には、経営権のみを承継する方法と、自社株式を承継する方法があります。

  • 経営権のみを承継する方法:株式は現経営者が保有したままで、経営権のみを第三者に承継します。事業承継税制の適用対象となり、税制上の優遇措置を受けることができます。
  • 自社株式を承継する方法:株式を第三者に譲渡することで、経営権とともに所有権も移転します。事業承継税制の適用対象外となりますが、後継者となる第三者が資金を準備する必要があります。

親族外承継には、以下のようなメリットがあります。

  • 後継者の選択肢が多い:親族に縛られないため、より能力や適性のある後継者を選ぶことができます。
  • 能力や意欲に基づく後継者選定の重要性:親族外であれば、能力や意欲に基づいて後継者を選ぶことができます。
  • 経営理念や組織文化の引継ぎが容易な点:親族外であっても、経営理念や組織文化を継承することが容易です。

一方で、親族外承継には以下のようなデメリットもあります。

  • 後継者に必要な自社株式の購入資金:親族外であれば、後継者は自社株式を購入する資金を準備する必要があります。
  • 個人保証の引継ぎに関する問題の可能性:親族外であれば、個人保証の引継ぎに関する問題が発生する可能性があります。
  • 株式譲渡による親族内株主からの反感の可能性:株式譲渡によって、親族内株主から反感を買う可能性があります。

親族外承継を支援する制度として、事業承継税制があります。事業承継税制は、経営権を親族外に承継する場合に、税制上の優遇措置を受けることができる制度です。

親族外承継を成功させるためには、以下のポイントが重要です。

  • 後継者確保と育成のための期間確保:後継者となる第三者を確保し、育成するための期間を確保することが重要です。
  • 他者からの理解を得るための努力:親族や従業員など、関係者からの理解を得るための努力が必要です。
  • 事業の存続と成長を実現するM&Aによる承継:M&Aを活用することで、事業の存続と成長を実現することができます。

親族外承継の成功事例として、以下の3つが挙げられます。

  • 製造業の株式譲渡事例:ウシオ工産と丸加ホールディングス
  • 運送業の株式譲渡事例:日向商運と富士運輸
  • IT業界の株式譲渡事例:ENCOMとアイティエルホールディングス

親族外承継は、後継者不足が深刻化する中で注目されている事業承継の方法です。親族外承継にはメリットとデメリットがありますが、成功させるためのポイントを押さえることで、事業の存続と発展を図ることができます。

親族外承継の利点

親族外承継とは、自社の経営を親族以外の人物に継承することを指します。後継者の選択肢が幅広くなるため、能力や意欲に基づいた適任者を選定しやすくなるというメリットがあります。また、経営理念や組織文化の引継ぎが容易な点も親族外承継の利点です。

親族外承継のメリットを以下に箇条書きでまとめます。

  • 後継者の選択肢が多い
  • 能力や意欲に基づいた後継者選定の重要性
  • 経営理念や組織文化の引継ぎが容易な点

これらのメリットを踏まえると、親族外承継は企業の成長や発展に寄与する有効な手段となり得ます。

親族外承継のメリット:後継者の選択肢が多い

親族外承継とは、自社の経営を親族以外の人物に継承する経営承継方法です。後継者として親族ではなく、社外の優秀な人材や専門家を候補として選考することができます。

親族外承継の最大のメリットは、後継者の選択肢が圧倒的に多いことです。自社の事業や理念に共感し、経営手腕や能力の高い人材を、幅広く社内外から選定することができます。

親族外承継のメリットは以下の通りです。

  • 優秀な人材や専門家を後継者として選べる。
  • 能力や意欲を重視した後継者選定が可能。
  • 新たな視点やノウハウを取り入れ、経営の活性化が期待できる。
  • 事業承継税制などの税制上の優遇措置が受けられる場合がある。

親族外承継を成功させるためには、綿密な準備と計画が必要です。特に重要なポイントは、後継者確保と育成のための期間確保、他者からの理解を得るための努力、事業の存続と成長を実現するM&Aによる承継の3つです。

親族外承継は、自社の発展と継続的な成長を目指す企業に適した経営承継方法です。計画的な準備と適切な支援体制を整え、円滑な経営継承を目指しましょう。

能力や意欲に基づく後継者選定の重要性

  • 能力や意欲に基づいて後継者を選定できることです。親族内承継の場合、血縁関係というだけで後継者になることが多いため、必ずしも経営者としての能力や意欲が備わっているとは限りません。しかし、親族外承継であれば、経営者としての能力や意欲を重視して後継者を選ぶことができます。これは、企業の存続と成長にとって非常に重要なことです。
  • 能力や意欲の高い後継者が経営することで、以下のメリットが期待できます。
    • 企業の業績向上: 能力の高い後継者が経営することで、企業の業績が向上する可能性が高まります。
    • 経営の安定化: 意欲の高い後継者が経営することで、経営が安定化する可能性が高まります。
    • 新たな事業展開: 新しいアイデアや人脈を持つ後継者が経営することで、新たな事業展開の可能性が広がります。
  • もちろん、親族外承継にはデメリットもあります。例えば、親族との関係が悪化する可能性や、創業家としてのアイデンティティが失われる可能性などが挙げられます。しかし、能力や意欲に基づいて後継者を選ぶことで、これらのデメリットを最小限に抑えることができます。
  • 親族外承継を成功させるためには、以下の3つのポイントが重要です。
    • 後継者の早期選定: 後継者はできるだけ早く選定する必要があります。後継者が早い段階から経営に関与することで、事業の承継をスムーズに進めることができます。
    • 後継者の育成: 後継者はしっかりと育成する必要があります。後継者が経営者としての能力を身につけることで、企業の存続と成長を実現することができます。
    • ステークホルダーの理解と協力: 親族外承継には、ステークホルダーの理解と協力が不可欠です。ステークホルダーに親族外承継のメリットを理解してもらうことで、円滑な承継を実現することができます。
  • 親族外承継は、企業の存続と成長にとって重要な選択肢です。能力や意欲に基づいて後継者を選定することで、企業の繁栄につなげることができます。

経営理念や組織文化の引継ぎが容易な点

親族外承継の利点の一つとして、経営理念や組織文化の引継ぎが容易であることが挙げられます。親族内承継の場合、後継者が経営者と家族という関係であるため、経営理念や組織文化を共有していることが多くあります。しかし、親族外承継の場合は、後継者が経営者と血縁関係がないため、必ずしも経営理念や組織文化を共有しているとは限りません。

しかし、親族外承継の場合であっても、経営理念や組織文化の引継ぎを容易にする方法があります。例えば、後継者が就任する前に、経営理念や組織文化に関する研修を実施したり、経営者と後継者が定期的に面会して意見交換を行ったりすることで、後継者が経営理念や組織文化を理解し、浸透させることができます。

また、親族外承継の場合には、経営理念や組織文化の変革を図ることも容易です。親族内承継の場合には、経営者と後継者の間に強い信頼関係があるため、経営理念や組織文化の変革に反対される可能性があります。しかし、親族外承継の場合には、経営者と後継者の間に強い信頼関係がないため、経営理念や組織文化の変革を比較的容易に実施することができます。

親族外承継のデメリット

親族外承継は、親族以外の人に会社を承継させる方法です。この方法には、後継者に必要な自社株式の購入資金をどうするか、個人保証を引き継ぐと問題が起こる可能性があること、株式譲渡によって親族内株主から反感を買う可能性があることなど、いくつかのデメリットがあります。

これらのデメリットを克服するためには、綿密な計画と準備が必要です。特に、後継者の資金調達については、金融機関からの融資や株式の分割など、さまざまな方法を検討する必要があります。また、個人保証については、保証内容の見直しや保証人の変更を検討する必要があります。そして、親族内株主への対応については、丁寧に説明を行い、理解を得られるように努める必要があります。

後継者に必要な自社株式の購入資金

後継者に必要な自社株式の購入資金をどうするかという問題は、親族外承継の最大のデメリットです。

後継者が自社株式を購入するには、多額の資金が必要です。資金調達方法としては、以下の3つが考えられます。

  • 自己資金: 後継者が自己資金で株式を購入する。
  • 金融機関からの融資: 金融機関から融資を受ける。
  • ベンチャーキャピタルからの出資: ベンチャーキャピタルから出資を受ける。

自己資金での購入は、後継者の負担が大きくなります。金融機関からの融資は、返済の負担が大きくなります。ベンチャーキャピタルからの出資は、経営権の一部を手放すことになります。

いずれの方法を選択するにしても、事前にしっかりと計画を立て、資金調達の準備を進めておくことが大切です。

個人保証の引継ぎに関する問題の可能性

親族外承継を行う場合、経営者個人が負っている借入金の個人保証をどうするのかが問題になることがあります。

個人保証とは、借入人が返済不能になった場合に、経営者が個人的に返済を保証することを指します。親族外承継の場合、後継者は経営者とは別人であるため、個人保証を引き継がなければならない可能性があります。

個人保証を引き継ぐ場合、後継者は借入金の返済責任を負うことになります。もし、事業がうまくいかず、借入金の返済が困難になった場合、後継者は私財を投げ打って返済しなければならない可能性があります。

また、個人保証を引き継ぐことで、後継者は新たに金融機関から融資を受けることが難しくなる可能性があります。金融機関は、借入金の返済能力を判断する際に、個人保証の存在を考慮するからです。

このように、親族外承継を行う場合、個人保証の引継ぎは大きな問題となり得ます。個人保証の引継ぎを行うかどうかについては、慎重に検討する必要があります。

個人保証の引継ぎを避けるためには、いくつかの方法があります。

  • 借入金の返済前に個人保証を解除してもらう。
  • 借入金の返済時に、金融機関との交渉により、個人保証を解除してもらう。
  • 新たに金融機関から融資を受けて、既存の借入金を返済し、個人保証を解除する。

これらの方法を用いることで、個人保証の引継ぎを避けることができます。

親族外承継を行う場合、個人保証の引継ぎは大きな問題となり得ます。個人保証の引継ぎを行うかどうかについては、慎重に検討する必要があります。また、個人保証の引継ぎを避ける方法についても検討する必要があります。

株式譲渡による親族内株主からの反感の可能性

本文を出力します。

会社を売却する際には、親族外承継を選択することができます。親族外承継とは、親族以外の第三者に会社を売却して経営権を承継する方法です。親族外承継には、後継者の選択肢が多い、能力や意欲に基づいて後継者を選定できる、経営理念や組織文化の引継ぎが容易などのメリットがあります。

しかし、親族外承継にはデメリットもあります。その一つは、後継者に必要な自社株式の購入資金です。第三者に株式を売却するためには、後継者は自社株式の購入資金を用意する必要があります。また、個人保証の引継ぎに関する問題が発生する可能性もあります。後継者が会社を経営していくためには、前経営者の個人保証を引き継ぐ必要がある場合があります。

さらに、株式譲渡による親族内株主からの反感を買う可能性もあります。親族内株主は、これまで会社を支えてきたという思いがあり、株式を第三者に売却されることに対して、不満を持つことがあるからです。また、第三者が経営権を握ることで、会社の将来が不安定になるのではないかと心配する親族内株主もいるでしょう。

そのため、株式譲渡を行う際には、親族内株主の理解を得ることが重要です。会社を売却する理由や、第三者が経営権を握ることで得られるメリットなどを丁寧に説明し、納得してもらうように努めましょう。

また、株式譲渡を行う前に、親族内株主に対して、株式買取請求権を行使させることも検討できます。株式買取請求権とは、親族内株主が、株式を売却する株主に対して、自分の株式を買い取るよう請求できる権利のことです。この権利を行使することで、親族内株主は、株式を売却されることなく、会社への経営参加を続けることができます。

ただし、株式買取請求権を行使するためには、一定の要件を満たす必要があります。詳しくは、弁護士や税理士などの専門家に相談してください。

親族外承継を支援する制度

親族外承継を成功させるためには、事業承継税制や遺留分に関する民法の特例など、様々な制度を有効活用することが不可欠です。これらの制度は、事業の円滑な承継を支援し、地域経済の発展にも寄与することを目的としています。

事業承継税制は、相続税や贈与税の納税猶予や減税措置などを設けており、事業承継をスムーズに進める上で重要な役割を果たしています。

また、民法では相続人に一定の割合の遺産を受け取る権利が保障されています(遺留分)。しかし、親族外承継の場合には、遺留分の制限が認められる場合があります。これは、事業の継続性を確保するためです。

これらの制度を上手に活用することで、親族外承継を円滑に進め、事業の継続と発展につなげることができます。

事業承継税制の重要性

親族外承継を検討する上で、事業承継税制は重要な役割を果たします。事業承継税制とは、事業承継を円滑に進めるために設けられた税制上の優遇措置のことです。

事業承継税制には、相続税の納税猶予・免除と贈与税の納税猶予・免除の2つの制度があります。これらの税制上の優遇措置を利用することで、事業承継に伴う税負担を軽減することができます。

事業承継税制の適用を受けるためには、事業用資産の承継、一定の事業規模、後継者の要件を満たす必要があります。事業承継税制は、親族外承継を円滑に進めるために重要な制度です。親族外承継を検討している場合は、事業承継税制についてしっかりと理解することが大切です。

事業承継税制を利用することで、税負担の軽減、円滑な事業承継、後継者の育成というメリットがあります。事業承継税制を利用する際には、適用要件、手続き、税務調査に注意する必要があります。事業承継税制を利用する際には、専門家に相談することをおすすめします。

遺留分に関する民法の特例について

遺留分とは、相続人が最低限受け取ることができる遺産の割合のことです。 民法では、遺言があっても一定の割合の遺産を相続人に保障しています。

親族外承継を行う場合、遺留分の存在は重要なポイントとなります。 なぜなら、遺留分は相続人に直接支払わなければならないため、会社経営に影響を与える可能性があるからです。

そこで、親族外承継を円滑に進めるために、民法には以下の特例が設けられています。

  • 遺留分減殺請求権の時効の短縮 通常、遺留分減殺請求権の時効は10年ですが、親族外承継の場合は5年に短縮されます。 これは、会社経営の安定を図るためです。
  • 遺留分減殺請求権の放棄 相続人は、遺留分減殺請求権を放棄することができます。 これにより、親族外承継をスムーズに進めることができます。

遺留分に関する民法の特例は、親族外承継を円滑に進めるために重要な役割を果たしています。 親族外承継を検討している場合は、遺留分に関する民法の特例について理解しておくことが重要です。

  • 遺留分とは、相続人が最低限受け取ることができる遺産の割合のことです。
  • 遺留分は相続人に直接支払わなければならないため、会社経営に影響を与える可能性があります。
  • 遺留分減殺請求権の時効は通常10年ですが、親族外承継の場合は5年に短縮されます。
  • 相続人は、遺留分減殺請求権を放棄することができます。

成功へのポイント

親族外承継とは、親族以外の人材に事業を承継することです。親族外承継には、後継者確保と育成のための期間確保、他者からの理解を得るための努力、事業の存続と成長を実現するM&Aによる承継などがあります。

  • 後継者確保と育成のための期間確保: 親族外の人材に事業承継するためには、十分な時間をかけて後継者を育成する必要があります。
  • 他者からの理解を得るための努力: 親族外の人材に事業承継するためには、経営陣や従業員、取引先など、関係者からの理解を得るための努力が必要です。
  • 事業の存続と成長を実現するM&Aによる承継: 親族外の人材に事業承継するためには、M&Aによって事業の存続と成長を実現することが重要です。

後継者確保と育成のための期間確保

後継者不足に悩む企業にとって、親族外承継は有効な選択肢となり得ます。しかし、親族外承継を成功させるためには、メリット・デメリットを理解し、後継者確保と育成のための期間を十分に確保することが重要です。

親族外承継のメリットとしては、後継者の選択肢が多いこと、能力や意欲に基づいて後継者を選ぶことができること、経営理念や組織文化の引継ぎが容易な点が挙げられます。

一方、デメリットとしては、後継者に必要な自社株式の購入資金、個人保証の引継ぎに関する問題の可能性、株式譲渡による親族内株主からの反感の可能性が挙げられます。

親族外承継を検討している企業は、これらのメリット・デメリットを理解し、早いうちから後継者候補の選定と育成に取り組むことが大切です。

他者からの理解を得るための努力

親族外承継が成功するためには、関係者からの理解を得ることが重要です。特に、後継者となる人物や既存の従業員、取引先、金融機関など、さまざまなステークホルダーからの支持が必要です。そのためには、以下のような努力が必要です。

  • 情報共有と説明会: 後継者や従業員、取引先、金融機関などに対して、親族外承継に関する情報を積極的に共有し、説明会を開催するなどして、理解を深めてもらう。
  • コミュニケーション: 後継者や従業員とのコミュニケーションを密にとり、不安や疑問に真摯に答える。また、取引先や金融機関に対しては、親族外承継後も良好な関係を維持できることをアピールする。
  • 信頼関係の構築: 後継者や従業員、取引先、金融機関との信頼関係を構築することが重要です。そのためには、誠実な対応を心がけ、約束事を守るなど、信頼できる存在であることを示す必要があります。

これらの努力を通じて、関係者からの理解を得ることができれば、親族外承継を円滑に進めることができます。

事業の存続と成長を実現するM&Aによる承継

親族外承継の手法の一つとして、近年注目を集めているのがM&Aによる承継です。M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの略称であり、企業の合併や買収を指します。

M&Aによる承継には、後継者不足問題の解決だけでなく、経営資源の強化や事業拡大など、様々なメリットがあります。例えば、買収される側の企業は、資金調達や技術・ノウハウの獲得、新たな販路開拓などが見込めます。また、買収する側の企業は、事業分野の拡大や市場シェアの獲得、シナジー効果の創出などが見込めます。

M&Aによる承継を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。

  • 後継者確保と育成のための期間確保: M&Aによる承継は、短期間で完了するものではありません。買収先の企業との交渉や契約締結、事業統合など、様々なプロセスを経て完了します。そのため、後継者確保と育成のための期間を確保することが重要です。
  • 他者からの理解を得るための努力: M&Aによる承継は、従業員や取引先、地元自治体など、様々なステークホルダーの理解と協力を得ることが重要です。そのため、買収先の企業と密接に連携し、他者からの理解を得るための努力が必要となります。
  • 事業の存続と成長: M&Aによる承継は、単に後継者問題を解決するだけでなく、事業の存続と成長を実現することが目的です。そのため、買収先の企業の経営資源やノウハウを活用し、事業拡大や収益向上を目指していくことが重要となります。

以下、M&Aによる承継の成功事例を3つご紹介します。

  • 製造業の株式譲渡事例: ウシオ工産と丸加ホールディングス
  • 運送業の株式譲渡事例: 日向商運と富士運輸
  • IT業界の株式譲渡事例: ENCOMとアイティエルホールディングス

これらの事例は、M&Aによる承継が、後継者問題の解決だけでなく、事業の存続と成長にもつながることを示しています。

M&Aを通じた親族外承継の成功事例3選

M&Aを通じた親族外承継を成功させるには、さまざまな課題を乗り越える必要があります。本記事では、M&Aを活用した親族外承継の成功事例を3つ紹介します。

  • 製造業の株式譲渡事例:ウシオ工産と丸加ホールディングス
  • 運送業の株式譲渡事例:日向商運と富士運輸
  • IT業界の株式譲渡事例:ENCOMとアイティエルホールディングス

これらの事例では、M&Aによって企業の事業承継を実現し、新たな成長軌道に乗せることに成功しています。

ぜひ、これらの事例を参考に、M&Aを通じた親族外承継を成功させましょう。

製造業の株式譲渡事例:ウシオ工産と丸加ホールディングス

製造業の株式譲渡事例であるウシオ工産と丸加ホールディングスのケースでは、M&Aが親族外承継の方法として有効であることを示しています。M&Aによって、創業家は自社の事業を後継者に譲渡することができます。また、M&Aによって外部からの資金や経営資源を得ることで、事業の継続性と成長を確保することができます。

運送業の株式譲渡事例:日向商運と富士運輸

親族外承継の成功事例として、日向商運と富士運輸の株式譲渡があります。日向商運は、後継者不足のため経営を断念し、富士運輸に事業を譲渡しました。富士運輸は、事業拡大と効率化を図るため、日向商運の路線や顧客を引き継ぎ、新たな営業拠点とトラックを増強しました。この事例では、親族外承継によって、日向商運の事業が継続され、従業員の雇用が守られました。また、富士運輸は事業拡大を達成し、地域経済の発展に貢献しました。

親族外承継の利点は、後継者の選択肢が多いことや、能力や意欲に基づいて後継者を選定できること、経営理念や組織文化の引継ぎが容易であることです。しかし、後継者に必要な自社株式の購入資金や、個人保証の引継ぎ、親族内株主からの反感などの課題もあります。

日向商運と富士運輸の事例では、株式譲渡を円滑に進めるために、両社の経営者が綿密な打ち合わせを行い、従業員や取引先への説明会を開催しました。また、事業譲渡後の経営計画を作成し、事業継続と従業員の雇用を確保しました。

この事例のように、親族外承継は事業承継の選択肢の一つとして注目されています。親族外承継を成功させるためには、早めの準備と計画、後継者との信頼関係の構築が重要です。

IT業界の株式譲渡事例:ENCOMとアイティエルホールディングス

ENCOMは、1980年に設立されたITサービス企業です。創業者の息子である現社長が2000年に後を継ぎましたが、後継者不在の問題を抱えていました。そこで、2010年にM&Aによる親族外継承を検討し、2011年にアイティエルホールディングスと株式譲渡契約を締結しました。

このM&Aは、ENCOMの経営理念や組織文化を維持しながら、事業の継続と発展を図ることを目的としていました。アイティエルホールディングスは、ENCOMの事業を高く評価し、今後も成長が見込める企業であると判断しました。

M&A後、ENCOMはアイティエルホールディングスのグループ会社となり、経営体制や組織に変更はありませんでした。現社長は引き続き代表取締役を務め、従業員も全員がそのまま残りました。

このM&Aは、親族外継承の成功例として注目されています。ENCOMは、M&Aによって事業の継続と発展を図ることができ、アイティエルホールディングスは、有望な企業を傘下に収めることができました。

このM&Aが成功した要因は、以下の3つが挙げられます。

  • ENCOMの経営理念や組織文化を尊重したこと
  • アイティエルホールディングスのENCOMへの高い評価
  • M&A後の経営体制や組織の変更を最小限に抑えたこと

これらの要因により、ENCOMの従業員は不安を感じることなく、M&Aを受け入れることができました。また、M&A後も経営体制や組織に変更がなかったため、事業の継続と発展をスムーズに進めることができました。

まとめ

親族外承継とは、経営者の親族以外の人に事業承継を行うことです。メリットとしては、後継者の選択肢が広がり、能力や意欲に基づいた選定ができる点が挙げられます。また、経営理念や組織文化の引継ぎが容易な点もメリットとして挙げられます。デメリットとしては、後継者に必要な自社株式の購入資金が必要となる点や、個人保証の引継ぎに関する問題が発生する可能性がある点が挙げられます。また、株式譲渡によって親族内株主から反感を買う可能性も存在します。親族外承継を支援する制度としては、事業承継税制や遺留分に関する民法の特例などがあります。成功のポイントとしては、後継者確保と育成のための期間確保、他者からの理解を得るための努力、M&Aによる承継などがあります。

一覧に戻る